So-net無料ブログ作成
検索選択

HARLEY-DAVIDSON BLUE SKY HEAVEN 2015

IMG_3288.jpg
今年も富士スピードウエイで開催される国内最大のイベントブルースカイへブンへ行って来た。多分数えれば今年で16回目ではないか。チラシには回数まで書かれていない。自分の記憶だとXLH883を購入したのが2000年で第二回であったので、1999年から始まっているのではないだろうかと思う。 当時を振り返ると、開催こそ富士スピードウエイでしたが、場所はコース内のTOYOTA交通安全センターのあるあたりで駐車場が未舗装路だったような気がする。イベントはスタントショーやポリスショー等で出店も中古パーツ屋さんから皮製品やら、我楽多みたいな物から珍しいものまで盛り沢山でアットホーム的な雰囲気が見るだけで楽しかった思い出がる。又ハーレージャパンが来場者に記念品も配られていた。 今はどうだろうか昔ほどの楽しさがなくなった。 整然と並べられたお店。パフォーマンスショーはバンド演奏等に、中古パーツやバイクショーもない。 記念品もない。アットホーム感もない。その変わりにゴージャスなバイク集団が増え謙虚さがない。 人も物もバイクも全てが変わってしまった様な気がする。 最近ふと思う事はハーレーで集団で走る事がそのポリシーに見合うのか。ただ集団でしか走らない人が多くないだろうか。よくよく考えるとただの暴走集団ではないか。 ハーレーに乗って15年、原点に戻ってバイクの楽しさを考え直す時期が来た。
DSC03342.jpg
DSC03336.jpg
IMG_3292.jpg
DSC03358.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

掃海艇ちちじまを見に下田までツーリング

掃海艇といえば機雷を除去する船の事である。 なぜ掃海艇かと言うと、このちちじまは既に2002年に退役となった1番艦には親父が携わっていたからだ。親父は造船会社に勤めていた。初めは木造船を造る職人で最後は掃海艇ちちじまを造っていた。もちろん一人で造っているわけではないが、ちちじまと聞くと親父を思い出す。 たまたまマリンフェスタの事を調べていたら、伊豆の下田で黒船祭りのイベントで掃海艇ちちじまに乗船できるとの事だった。偶然にもその週末でもあった。  伊豆下田と言うとここから250km。朝は早く出ないと11時前には着かないので朝6時には出発出来る様準備をした。その日は、天気予報は晴れであったが曇りがちの天気だった。朝6時に出発、新東名で2回休憩し沼津を降りたのは9時過ぎだった。下道は伊豆縦貫道を走った。初めて走る道で快適だった。ただ途中2カ所の有料期間があり、ETCに慣れてしまうと小銭を払うのが大変だった。 そのままR414を下田に向かう、途中天城のループ橋を走った、実に何十年ぶりだった。さらに走ると伊豆白浜が見えた。海は青く綺麗だった。ただ、まだ忍者に乗っていたころ下田でハミ禁で切符の経験があり思い出していた。下田へは10時に着いた。そして下田港へ行ってみると直ぐにそれはあった。
DSC03258.jpg
これが掃海艇ちちじまだ。意外とこじんまりしているが、ひときわ軍艦に見えた。もちろん海上自衛隊の艦船である。
DSC03261.jpg
艦首には20mmの機関砲が着いていた。もちろん機雷を撃つたのめの装備である。
DSC03311.jpg
せっかくなので旗の前で記念写真
DSC03297.jpg
後ろ側から乗船、海上自衛隊の船は初めてである。
DSC03317.jpg
乗って見ると中は狭い、もちろん機雷除去する為の機器が満載であった。艦橋に上がってみると見晴らしが良かった。また下から見ていた機銃も真近で見ると迫力がある。
DSC03286.jpg
DSC03270.jpg
艦尾には、カッターや網、ゴムボートや潜水道具がいっぱいだった。
DSC03268.jpg
こうやって見て見るこんな船をよく親父達が造っていたなと。特に親父は木工が得意だったが、こんな船を造るのだから上手くないと出来ないな。そんな親父は3年前に他界した。 最後に船全体を写真に納め帰ってきた。総走行距離527km
DSC03304.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

馬籠宿へ行って来た

馬籠宿は中山道43番目の宿場(→中山道六十九次)で、木曽11宿の一番南の宿場町である。 前から行ってみようと思った所でもある。古い宿場町は雰囲気がいい。ちょうどゴールデンウィークも終わりいい時期だ。馬籠宿は岐阜県の中津川市にある。ここからだと恵那までは約120kmの国道。山岳路の120kmは結構走りがいがあるがちょうどいいツーリングでもある。 本当は早起きして出るつもりが、いつもの事で出遅れた。結局8時出発となった。国道151を新城方面へ走る。途中もっくる新城と言う道の駅が出来たので寄る。
IMG_3150.jpg
恵那方面は、この先の257号を北上するのだ。もっくる新城はその名の通り、木の建設物で出来たお洒落な道の駅だった。
IMG_3246.jpg
ここから山道を120km走る。さすがゴールデンウィーク明け、道はがらがらだった。逆にあまりにも走ってないので怖いくらいだった。 馬籠宿には、11時30分頃ついた。駐車場を探すと、ちょうど馬籠宿入り口に蕎麦やさんがあった。お昼時だしここで食べてバイクを置かしてもらう事にした。
R1044222.jpg
入り口から登り坂、そうここはずっと登りに宿があるのです。
R1044227.jpg
やっぱり古い家を見ると落ち着きます。家の中はおみやげ屋さんとなっていますが、雰囲気おあ宿ですね。大内宿にも行った事があるのですが、ここはまた違ったこじんまりとしていて歩きやすいです。ただ中国からの観光客がたくさんおりました。 ここでのんびり2時間を過ごし、帰りは高速で帰ってきました。 おわり。
R1044238.jpg
IMG_3241.jpg
R1044244.jpg
R1044251.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。